MP3プレーヤーをつくった

ここ数年、iPhoneやAndroidの音楽プレーヤーアプリが、アップデートで使いづらくなったり、起動が遅くなったり、一時停止時に再生箇所を忘れるようになったりしてきました。使いやすさと買い切りの潔さが好きだったTune Inというラジオアプリも、いまでは起動するたびにサブスクリプション会員の広告を全画面表示してくるのでつかいたくなくなってしまいました。 横道にそれますが、AppleもGoogleも他の有名アプリ企業の多くも、ユーザを無視して社内のKPI達成だけが重視されたり、たかだか数年というretentionの中で、なにかを変えた感じを出したい人たちによって、その場しのぎの見た目の変更が繰り返されてきました(Youtubeのバックグラウンド再生の廃止(それによって引き起こされる環境負荷)、Dropboxのデザインの崩壊や、標準音楽アプリでの過激なApple Music推し・音楽再生機能の劣化。スケールの小さいところではFeedlyのUIの劣化)。 なんというか、iPodや初期のiPhoneを使っていたころのワクワクした感じはなくなってしまっています。テクノロジーが退化していってる感じがします。 ということで、音楽プレーヤーアプリが使いづらくて、家事やシャワーの間に音楽をかけたりするのが面倒になってきました。劣化していく一方の携帯電話のアプリには頼らないで、現実の世界でのものづくりとか、タンジブルなインタフェースに揺り戻すのがいいのではないかと思って、自分でMP3プレーヤーを作りました。 内側はAliexpressで買ったMP3再生モジュール(GPD2846A)と、スピーカーと、単三電池(eneloop)×3。スイッチはSim Lim TowerのASK Electronicで買ったスイッチ。MP3再生モジュールは、US$0.5です。信じられませんが、この値段で変えます。FATでフォーマットしたMicro SDカード(ベーシックな”SD”規格のものを使いました。SDHCとかSDHXは試していません)にMP3ファイルを書き込んで、電源を入れると自動的に再生が始まります。プレイリストをつくったりはできませんが、次/前の曲へのジャンプはできるので、昔のミックステープみたいな感じで聞くことになります。ケースはAutoDesk Fusion 360で設計して、3D Print Singaporeで出力してもらいました(出力がGD31、送料SGD4の合計SGD35 = 3000円くらい)。 やっぱり自分でつくったものは愛着がわきます。電源を入れてすぐ使えるのも、家事やシャワーのときに使うのにあっていました。 Qiitaにも(型番は違うけど見た目は)同じモジュールをつかった方のレポートが載っていて、とても参考になりました。 aitendoの「MP3V375SW3」でMP3プレイヤー製作

シンガポールの図書館の利用申請

BugisのNational Libraryで、シンガポール在住3年目にしてようやく、念願だった利用者登録。 デジタル化が進んでいて有人のカウンターがないので、図書館のスタッフの人に声をかけて、登録したいんですと伝えると申込用紙を渡してくれます。名前や連絡先を記入したら、5分くらいでカードが貰えます。あとはeKiosk(貸出処理用の端末)にカードをかざして、登録料の支払い(登録料SGD10.5と年会費SGD42.8の合計SGD53.3)をNETSで済ませればカードが有効化されて貸出につかえるようになりました。 夜、SomersetのLibrary@Orchardに行って、最近ハマっているダンボール工作の写真集を借りてきました。 Note: Chinatown Pointの中にあるLibrary@Chinatownだけは、カードの作成ができないそうです。オフィスの近くにあるので最初に行ってみたらBugisか他の図書館に行ってねとのことでした。

マイナの貼り絵

Bugisの National Design Center に遊びに行ったら、貼り絵のアート製作コーナーがあったので、シンガポールで見かけない日はないマイナ(Javan myna)の貼り絵を作ってみました。黄色いくちばしと足と、堂々としたあるきかたが可愛い鳥です。

【読んだ本】石ノ森章太郎の物語

石ノ森章太郎の作品のうち、自身が登場するお話をまとめたもの。文庫版「トキワ荘の青春」で読んだストーリーが漫画化されている。本当に会ったのか、フィクションなのか境目が分かりづらい、ミステリー風のお話もあります。

【読んだ本】石ノ森章太郎とサイボーグ009

最近石ノ森章太郎にハマっていて、3月に日本に帰ったときに何冊かまとめ本を買ってきたうちの一冊。009自体は、中学生か高校生くらいのときに少し読んだだけで、そのときはあまりグッと来なかったけど、この作品を描いた背景(姉が亡くなって、漫画を描くのを一旦やめて、世界一周旅行にでかけた話)や、ストーリーの幅広さ・深さがわかりました。原作を読んでみます。

【読んだ本】丸 幸弘/ミライを変えるモノづくりベンチャーのはじめ方

リバネスを立ち上げた人の本だった。ものづくりとベンチャーのすすめ方を、具体論から一般化した枠組みのようなものを紹介してくれることを勝手に期待して読んだのですが、そういう内容はなくて、以下のような不満点が残りました。 精神論を説いている章が多い 身内の紹介・自慢話レベルの挿話が多い(古市憲寿「僕たちの前途」と似たような感じ) 自分の場合にうまくいった方法を、一般にうまくいく方法として押し出しすぎ  

【読んだ本】藤井青銅/「日本の伝統」という幻想

相撲がどうやって「国技」の地位を(たまたま)獲得できたか、「伝統」から退場させられそうになる危機を、自信をどう変容させて乗り切ってきたかの話が面白い。オードリーがオールナイトニッポン中に言及する著者の様子から想像した、おじいさんというイメージよりも軽妙な書きことばが読みやすかった。

赤外線リモコンで光る・鳴るおもちゃ (Arduino Nano工作)

リモコン遊びが好きな小さい子ども(1〜2歳くらい)向けに、リモコンのボタンを押すとLEDが光ったり、ビープ音がなるおもちゃを作りました。Aliexpressで購入したArduino Nano互換機と、日本に行ったときに秋月電子で買った電子ブザーとLEDをブレッドボード上で組み合わせています。 ・Arduino Nano互換機: RobotDyn NANO V3 CH340G ・ブザー: PD04-SE12HPR  ・赤外線トランシーバ: 型番不明 ・LED: Aliexpressでまとめ買いしたLEDのなかなからオレンジ色を選択。 家の中に実際にある家電のリモコンを自由にさわれるようにすると、何がなんだかわからなくなるので、ダミーのリモコン(今回の場合は、賃貸のマンションに昔あったと思われるエアコンのリモコン)で遊んでもらいます。 ソースコードは以下の通りとても簡単。今回は実際に送信されているデータの中身はみないで、何かデータが受信されたらLEDを点滅させて、ビープ音を鳴らします。Arduino Nanoはハードウエアのシリアルポートが1個しかなく、このボードではそのポートがCH340G (USB-シリアル変換チップ)に接続されているので、赤外線トランシーバモジュールからのシリアルデータはSoftwareSerialで受信しています。 この赤外線トランシーバの電源とI/O電圧は5Vなので、Arduino Nano互換機の方も5Vで動作させています。

For Tracy Hyde – 最近好きなバンド

YouTubeで台湾のManic Sheepの音楽を聞いていたら、関連する動画でFor Tracy Hydeを知りました。2014年のアルバム「In Fear Of Love」はBandcampで、それ以降の「Born To Be Breathtaken」、「Film Bleu」、「he(r)art」はAmazon MP3で早速購入(2018年のはじめにiPhoneに見切りをつけたので、何を買うにしてもApple縛りにならないサービスで買いたい)。 ここ1年くらい@ManicSheepBand という台湾のバンドがすごく好きで、オフィスでヘビーローテーションしています。数日前に、こういう音楽はshoe gazerとかdream popというジャンルだと知りました。関連して知った日本の@ForTracyHydeも浮遊感がすごくいいです。 https://t.co/AQdp7fP9mJ — Takayuki Yuasa (@yuasa_takayuki_) September 2, 2018 あえてサブカルっぽい、青春っぽい感じが、すごくいいです。東京あこがれが異常につよかった(つよい)人としては、「he(r)art」のジャケットの 君に 東京が 聞こえる。…

mbed NUCLEO-F401REでWS2812BのフルカラーLEDストリップを使ってみた

2017年にAliexpressのこのお店から買って積んだままになっていたWS2812B搭載のフルカラーLEDストリップを動かしてみた。といっても、WS2812用の汎用ライブラリ(各ボードのクロックにあわせて、NOPの個数を調整することで、WS2812が要求するpulse width modulationの波形を出力するもの)を使っただけ。 いくつかの代表的なボードについては、WS2812_Exampleのページの方に、コンストラクタで指定すべきNOP数が掲載されています。Nucleo-F401RE用のものが運良く載っていたので(コンストラクタの引数の順番に、3, 12, 9, 12)、そのまま使わせてもらいました。 ボードのD8ピンと、LEDストリップのデータピン、GNDとGND、5Vと5Vを接続。上記コードをコンパイルして書き込んで実行すると、虹色が動いているように光ります。フルカラーLEDはじめて使ったんですが、すごいキレイ。いくらでも見てられます。